コンピューターの歴史

コンピューターはこれまでの歴史において姿形が大きく変化しており、現代のようなコンパクトかつ高性能な演算能力は少しずつ進化した結果に生み出された技術となります。
初期のコンピューターは比較的大型の簡易的な機械式演算機が主流とされ、加算や減算といった限定される演算のみを行える機器が中心となっていました。
プログラミング言語が扱えるほどの性能となったのはその多くが終戦後のコンピューターからで、本体のサイズこそ大きめでしたが、科学や人工知能などの広い分野において役立った機器とされています。
その後、集積回路とOS・ブラウザの登場及び進歩に伴い、コンピューターは本体の小型化と高性能化に成功し、企業や学校・一般家庭でも用いられるようになりました。
現在ではデスクトップ型のパソコンだけでなく、携帯端末や車などに内蔵される形式で用いられるほか、制御が自動化されている製品のほとんどはコンピューターの能力が使われます。