美容液とは

美容液はその名の通り、美白成分や保湿成分を高めるための基礎化粧品の1つである。
少しの量でも成分がしっかり凝縮されているものが多いので、少量の使用でも効果があるとされています。美容液は、乾燥やしわ、シミなどのあらゆるトラブルから肌を守ってくれます。何歳から使用するというものではありませんが、早いうちから使用しておいたほうが、肌トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。
使用する順番としては、洗顔後、化粧水、美容液、乳液、クリームの順です。美容液を最後にぬってしまうと、乳液などの油分が肌をカバーしてしまうため、美容液が肌にうまく浸透せず効果は期待できなくなってしまいます。

美容液は化粧水の保湿を補い、肌にうるおいを閉じ込める重要な役割を担っています。美容液成分には、ビタミンCやE、ヒアルロン酸、コラーゲンなどが挙げられます。これらの成分の配合によって保湿用と、美白用など様々なものがあるため、自分の目的にあったものを選ぶとよいです。美容液を有効に使えるよう成分などを理解することで、美肌につながります。

美容液の効果的な塗り方

 

美容液は使えば確実に効果が出るという訳ではなく、使い方によって効果の出方が違うといっても過言ではありません。

使う銘柄には指定なしですが、使い方には十分気をつけましょう。
では、どうすれば効果を感じやすい塗り方といえるのでしょうか。

まず最初に化粧水をたっぷり使って、肌をしっとりとさせます。
ここで浸透しやすい肌作りをする事が出来れば、美容液の浸透力も格段に違うといってよいでしょう。

化粧水はパッティングをするだけでなく、手のひらを使って押し込むようにするとより効果が期待できます。

化粧水を使ったら美容液となりますが、このときはもったいないからと言って少量しか使わないのではなく、製品に記されている規定量をしっかりと使うようにしましょう。

勿論この時も肌に塗ったら手のひらで押し込むようにする事を忘れてはいけません。

後は乳液でふたをしましょう。
ただ塗ればよいというのではなく、しっかりと手で押さえること、銘柄には指定なしでもこの手順を守るだけでもかなり効果の出方が違うといっても過言ではありません。