引き出物ってどうしたらいいの?昨今の引き出物事情

結婚披露宴

式には出席できないけれども、新郎新婦をお祝いしたい。でも、手持ちが心もとない。

そんな時に多くなるのが「連盟のご祝儀」などになります。

これは式には直接行かない場合や、そこまで親しくはない関係や、職場などでまとめてご祝儀を渡す場合に使われることが多く、金額も一律になるので一人ずつの負担は非常に少なくなります。

この場合は個別のお返しなどは来ないと考えておきましょう。

連盟などでご祝儀を送る場合には基本的には個別に引き出物などは来ないのが一般的です。

 

引き出物の選び方

引き出物などは一昔前は大きなものなどが良いとされていましたが、お皿などの食器やなべなどは非常に重さがあり、自家用車などではなく徒歩や公共機関の利用などの場合は持ち帰ることが困難だったという声が非常におおく上がっていました。

まだ地方のほうでは大きな引き出物なども中心ですが、昨今では荷物にならないカタログギフトなどが中心になりつつあります。

 

参列者の帰りの状態などを考えるとカタログギフトなどはまんべんなく喜ばれるというものになります。

カタログギフトのほかに引き出物を準備する場合には持ち運びが簡単にできるものや重さの無いものなどほうがいいでしょう。

 

引き出物として喜ばれないもの

引き出物などで好まれないものは重いものになります。

食器やなべ類などがこれにあたりますが、その中でも最も喜ばれないのが「新郎新婦のプリントが施された食器類」になります。

バブル期などに多くみられましたが昨今でもまたブームになりつつあり、写真などをいれたものから二人の名前をモチーフしたものまで幅広く展開されています。

このようなものは一般的には喜ばれることが少ないので、あまりおススメはできません。

 

また、新婦の手作りのお菓子などもアットホームなプレゼントなどでブライダル雑誌で多く紹介されていますが、こちらもアレルギーなどの問題が出てくることや、受け取る側からはもらいたくないお返しの上位に入っていることも忘れてはいけない部分になります。

 

手作りのお菓子よるトラブル

前述のようにアレルギーの問題はもちろんですが、クッキーなどのプチスイーツの場合、花嫁などの自作となれば前日の夜などに準備するのが一般的になります。

挙式の前日などは時間も取れなく、クッキーなども半生や思うようにできなかったなどで、挙式までに変質して舞うことなども多々あります。

とくにジューンブライドなどの場合はカビなどの対策もしなければいけませんが、この辺の説明はブライダル雑誌などにはほとんどありません。

どうしても手作りのお菓子を配りたい場合などはホテルやレストランなどでプロに作成してもらうほうが無難と言えます。

 

 

カタログギフトはいくらが相場なの?

参列者の荷物を減らすためにカタログギフトにしたい。けれども、どれくらいが相場なのか?これは大きく悩む部分になります。

引き出物はカタログギフトはもちろんですが持って帰れる程度の引き出物も他にあることなどを考えると相場として多いのは3000円~5000円になります。

3000円と2000円のカタログギフトを二冊にし、夫婦や家族での使い分けや趣味や家庭で使えるものと食材などの組み合わせなどをつくることで、満足度を高くするなどの方法もあります。

カタログギフトには新郎新婦から「期日は〇〇までになりますので、お忘れなくはがきを投函してください」「お忘れなく申し込みをお願い致します」など一言を入れておくことで受け取った側も忘れにくくなり、プラスアルファで新郎新婦が参列した側への心配りが然りできているという印象を与えることにも繋がります。

 

勿論3000円~5000円で1冊でも問題はなく、この場合は金額に合わせてほしいものを複数選んだりもできることになります。

 

なぜカタログギフトが喜ばれるのか?

カタログギフトが喜ばれる理由はいくつかあります。

上記のような名前や写真入りの食器などは使いにくく、リサイクルショップなどでも買取対象外になってしまうので自宅での不用品として長らく眠ってしまうことなどがあります。

また食器は持って帰るまでもひじょうに重さがあり、結婚式自体の印象を悪くしやすいということがあげられます。

引き出物などは新郎新婦が主体になってきめるものであり、受け取った側にとっては不要なものなどであることも珍しくはなく、このような部分から自分の好きなものが選べるカタログギフトは非常に好評であるということに繋がります。

 

結婚式などは参列するだけでも疲労が大きなものであり、帰りは出来るだけ身軽で帰りたいと思う人は少なくありません。

特に、親類などで高齢の方の参列の場合はできるだけ荷物をコンパクトにしてあげることも大事な部分になります。

結婚式は新郎新婦はもちろんですが両家の両親をはじめ様々な人が評価を受ける場になります。

引き出物を一つとっても評価対象になると考えることで、大事なものが見えやすくなると考えてもいいでしょう。

 

 

 

個性と斬新よりも無難が大事な理由

昨今のブライダル雑誌には「個性的な結婚式」「オンリーワンの挙式」などの言葉が見受けられますが、個性的なものは今まで他の人がやってこなかったことに起因している部分がります。

これは結婚式というものを考えると、個性的な式が好まれないのはトラブルが多くあったために、ブライダル業界では勧めてこなかったものと考えてもいいかもしれません。

 

オリジナルの結婚式などは先人がやって好評な物であれば、ブライダルプランナーなども提案してきます。

ですが、不評であったりトラブルが多くあったりしたものは、淘汰されてきてブライダルコースは洗練されてきました。

個性的な式やオリジナルウエディングは先人がやって失敗をし、消えて行ったものである可能性もひじょうに大きなものだと考えてもいいでしょう。

 

結婚式は挙式や披露宴で祝福を受けることなどはもちろんですが、新郎新婦や親族、会社の人間など、それぞれが相互評価をする場所でもあります。

良識と常識のある式を挙げることで今後のお付き合いなどにも変化が出てくることは珍しくありません。

 

結婚は家の中を見られるものでもある

 

一昔前の言葉で「結婚は家と家の結びつき」というものがありますが、この言葉はあながち間違いではありません。

結婚式は新郎新婦、特に新婦の意向を強くすることも多いですが新婦を通じて新郎や二人の両親、二人の友人などの評価も出てくるからです。

 

個性的な結婚式や引き出物などを敢行した場合、新婦を止めない新郎、そのような新郎新婦を育てた両親、相談に乗らない友人、止めようとしない友人などの評価になってしまうことも多々あります。

このように、立ち振る舞いもですが引き出物一つとっても新郎新婦はもとより周囲の評価に繋がってしまうので結婚式は二人だけのものではなく、相対的な評価の考えることでどのようなものにしたらいいのか、何を行ってはいけないのかなどの判断がしやすくなります。

勿論、新郎新婦の考えは大事なものです。

ですが二人だけでは判断ができないことなども多々あります。

その時は信頼できる上司や友人、両親などに相談することで打開策が生まれやすくなることや、相談実績を来ることで信頼関係などを強固にすることもできます。

昨今の言葉とは意味合いが少し違っては来ますが結びつきなどを強くできるのも結婚式の準備段階になると考えることで様々な解決方法が出てくるともいえます。

 

 

 

おすすめ記事→結婚式にかかる費用

結婚披露宴
意外と多いガーデンウエディングの落とし穴

結婚式をいざあげる際に大きな問題になってくるのがどの季節にするか、になります。 ジューンブライドなど …