今どきのB2B企業間取引に還暦世代は出番はないのか?

コンピューター

近年のビジネスというのは一昔前と違って、完全にビジネスライクのものとなってきました。

以前は互いに助けあって、付き合いでビジネスをしていたのが現代社会では効率のみを追求してそのような付き合いを一切切り捨てている企業も少なくありません。

効率を求めればそのようなやり方は間違っていませんし、望む望まないにかかわらず企業の状態から付き合いだけの取引をすることができなくなってきたという問題もあります。

余裕があった頃は損をしなければ付き合いで取引をするという方法もありましたが、近年は付き合いをするだけの余裕が無いということもあって、以前のような人情で動くビジネスというのが少なくなってしまいました。

そのため、B2Bの場面でも人間関係を重視する還暦世代の出番が少なくなってきているという傾向があります。

還暦世代は信頼関係を作り上げて利害関係だけでなく、人間関係を重視して取引をしてきたひとが多いため利益重視の現代にはそぐわない存在となってきているのです。

ビジネスに年齢も正解もなし!!

しかし、還暦世代が出る幕はないかというと決してそのようなこともなく、高齢化社会の現代では相手企業の平均年齢も高くなってきますから、時流にあった取引をすることができれば還暦世代であっても最前線で動くことができます。

あるいは今のような時代だからこそ信頼関係、人間関係を重視して目先の利益ではなく10年、20年後を見据えた取引をするために従来のやり方を熟知している還暦世代の力というのは非常に重要なものとなってくるのです。

ビジネスというのは正解というものはなく、いくつもの方法があります。

時代にそぐわなくなった方法であっても場面や状況次第では今でも使うことができるものというのは、数多くありますから還暦世代に出番が無いということはないのです。

そして、何時の時代であっても能力の有る人は年齢性別を問わずに活躍することができますから、還暦世代だからといってそれだけで不利になることはありません。

コメントはまだありません
コンピューター
中古パソコン

中古のパソコンでも十分 中古のパソコンでも十分に使うことができるのだろうかと考えている人も多いことで …

コンピューター
プロキシーサーバーとは

一般的にプロキシサーバーと呼ぶ場合、ウェブ閲覧のためにHTTPによる接続を中継する公開されたプロキシ …

コンピューター
インターネット社会と情報弱者について

現代社会ではコンピューターを利用して情報を得るのが主流となっています。 また、情報を提供する側もコン …