IQについて

勉強

IQとは

子ども達の間でIQが高いとか低いとかそんな話題が出ることは、学校ではよくある風景です。

IQとはIntelligence Quotientの略で知能指数を指す言葉ですが、どうやって計ることが出来るか知っている人はそれほど多くはないでしょう。

テレビ番組などでIQに言及することがありますが、これを知るには知能検査を受けることが必要になります。

数値が高いほど知能指数が高く、低いほど知能指数が低いということになります。

「精神年齢 ÷ 生活年齢 × 100」という式で割り出されますが、100に近い人ほど人数が多いので100を平均としています。

知的障害者の認定にも関係はありますが、40以下を計れない検査もあります。

同じ人でも検査によっては違う数値が出たり、体調にも影響される場合があるので複数回検査を受ける必要もあります。

IQの出し方は2種類あり、基本は「同年齢集団内での位置」を基準にした検査になります。

入学条件がIQの高さで指定される学校もわずかですがありますが、だいたいの学校ではIQのみで左右されることはほとんどありません。

IQを上げるには

昨今話題となっている脳トレや頭を柔らかくするパズルみたいなもので、IQは上がらないとされています。

また、生まれてから大人になるまで急激にIQが上がることはありません。

しかし、IQが急激に変動することは確認されており、病気や非行、家族の悩み、なんらかの成功体験、容姿への悩みなどでIQに大きな変動がみられるという調査が出ています。

例えば、仕事でのトラブルや昇進栄転などの変化でもIQはかなり変わります。

IQは抽象的なものを空間で認識する力を示すものです。

抽象的なものというのは、数字や文字、音などを言い、それらを頭の中で組み立て、作品にしたり、表現したりする力がIQと言われています。

そのため、名だたる著名な作家や音楽家、画家はIQが高いとされてきました。

つまり、抽象的思考を鍛えることがIQをあげることにつながるということです。

例えば、思考を文字や図にする、自分で考え自分で答えを出すといった努力が抽象的思考を高めることになり、IQの向上を導くことになります。

IQをテストのやり方

IQというのはIntelligence Quotientの略で知能指数を指す言葉で、高ければ高いほど知能指数が高いことを示しています。

よくIQがずば抜けて高い天才が現れたなんて使い方がされますね。

このテストはIQ100が中央値、つまり一番人数が多くなるように作られています。

専門機関での本格的な検査や、インターネット上で(多くはお遊び程度として)IQを測定するサイトが公開されています。

実はIQテストにはパターンがあって、その対策をするとIQが高く表示されてしまうんですね。

気をつけて欲しいのはIQテストで測れるのはIQテストで測る分野での優劣です。

歴史上の天才と言われた人々の全員が高いIQ数値を叩き出せるかといえば疑問です。

ご自身のIQに興味をお持ちでしたらインターネット上でIQテストと検索してみましょう。

日本と世界のIQの高い有名人

人間の知能を表すものとしてあるのがIQです。これは、知能テストとして学生時代にしたことが誰でもあります。

IQの高い有名人を、世界的なジャンルで見てみると色々なことがわかります。

その有名人を挙げていくとまず、世界の歌姫と言われ長年女王の位置にいるマドンナはIQ140とされています。

このIQは、一般的な人の数値は100とされています。そのために、IQが124を超えると通常では天才と呼ばれることになります。

マイクロソフト社の共同創業者である、ポール・アレンはIQが170になります。ビル・ゲイツのように有名ではありませんがやはり彼も天才です。

日本の有名人から見てみると、今テレビのクイズ番組でお馴染みの京大出身の宇治原はIQ146という高いものです。

そして、日本では知らない人がいないビートたけしはIQ132という数値になります。

このように、意外と有名人にはIQが高い人がたくさんいます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です