還暦祝いパーティー

還暦祝い

還暦は「暦が還る」と書きます。これは、アジア圏内で利用されている暦、「十干」と「十二支」の両方が一巡し、生まれたときと同じ干支に戻ることを意味します。

十干は10の要素からなり、十二支は12の要素からなりますから、両者の最大公約数は60です。

つまり、生まれてから60年が経過した時点が、還暦ということになります。

現在でこそ、日本人の平均寿命は80歳ですが、かつては60歳まで生き永らえることは容易ではありませんでした。

60歳は長寿ということで、還暦祝いという風習が室町時代頃から行われるようになったと伝えられています。

現在では、還暦を迎えても現役でバリバリと働き続けている方がたくさんいらっしゃいます。

60代はまだまだ若いという認識が広まる中、還暦そのものの価値が下がっているという考え方もあります。

そして、特に女性を中心に、還暦祝いを嫌がる方が増えていることも事実です。

還暦のお祝いをパーティー形式で

そこで、最近では還暦祝いはかしこまったイベントではなく、パーティーという形態を取る家庭が増えています。

プレゼントも大きく変化し、長年の風習であった赤いちゃんちゃんこが用いられることは少なくなってきました。

代わりに、「赤」や「60」にちなんだプレゼントが行われるようになりました。

例えば、赤いネクタイやスカーフ、バラ60本などがよく見られるプレゼントです。さらには、温泉旅行やお酒、記念品、金券なども定番となっています。

メッセージカードなどを添えて、プレゼントするのが近年では人気です。

感謝の気持ちを伝えることが大事

さて、肝心な還暦祝いパーティーについてですが、従来では還暦を迎える本人が中心となって、家族や親しい友人、近所の住民などを招待し、多くの参加者と一緒に祝うのが一般的でした。

しかし、近年では家族が中心となって、身内や気心の知れた友人を招待し、比較的少人数で行うのが当たり前となっています。

そして、主役には実施を告げない、いわゆるサプライズ形式で行うケースも多々あります。

さらに、パーティーのコンセプト自体も、主役の長寿を祝う会というよりは、60歳という節目を迎える主役に感謝の気持ちを伝えるのが一般的になっています。

このような背景から、パーティーは自宅で行い、飾り付けや料理を手作りで行う家庭も多く見られます。

飾り付けでは100円均一をうまく活用すると節約ができるので、プレゼントに予算を回すことができます。

そして、家族で協力しながらデコレーションを行うと、スムーズに作業が終わります。

もし、主役にお孫さんがいるようでしたら、デコレーションに参加してもらうと、大いに喜んでもらえるでしょう。

例えば、お孫さんが書いた似顔絵を飾ったり、プレゼントしたりすれば、喜びもひとしおです。

一方、料理に関しては、還暦を迎える主役が好きな食べ物を中心に準備することが大切です。

時間がない場合には、オードブルという選択肢もありますが、還暦祝いパーティーのコンセプトを考えると、手作りの方が感謝の気持ちがダイレクトに伝わります。

合せて読みたい関連記事です

家族で盛り上がる還暦パーティー!近年の還暦祝いの変化やパーティーを盛り上げるアイデア

還暦祝い
酒好きな父への還暦祝い

還暦を迎えた父へのプレゼントに何を贈ればよいか悩まれている方も多いです。 人生で一回の還暦祝いには父 …

還暦祝い
還暦のお祝いにプリザーブドフラワーギフトはいかがですか

プリザーブドフラワーは、生花を特殊な液体に浸して水分を抜く処理が施され永久的に枯れず美しい状態を維持 …

還暦祝い
「還暦」と「華甲」

定年退職と還暦 最近では65歳定年の企業も増えてきていますが、いままでの定年年齢である60歳は 『還 …