両親への古希祝いに選ばれる人気プレゼント

ワイン
古希祝い

 

プレゼント

 

古希は数え年で70歳を迎える年を祝う長寿のお祝いの1つです。

60歳の還暦祝いが特にメジャーなので、その後のお祝いはわざわざやらないという人もいます。

ですが日ごろの感謝の気持ちも込めて古希祝いをしてみるというのも良いでしょう。

ただどうしても還暦に比べると70歳のお祝いは印象が薄くなってしまい、何をしたらいいのか分からないという人もたくさんいます。

そんな人のために、どんなプレゼントを用意したら良いのかをいくつか紹介していきます。

まず古希の基礎知識として知っておくべきなのが、象徴となるカラーです。

還暦は赤色ですが、古希は紫色となっており、古希のときには紫色の装いをしてお祝いをするのが基本となります。

この紫色というのは、昔は位が高い人しか身に着けることが許されなかったということから由来している高貴な色です。

そのため長寿に対する敬意のあらわれとなって採用されるようになったのです。

この色を意識してプレゼントを選んであげると、他の長寿のお祝いとは差別化できるでしょう。

 

プリザーブドフラワーで変わらない美しさを演出

 

プリザーブドフラワー

 

生花に特別な加工を施すことで水分を抜き、生花としての質感を残したまま半永久的にその美しさを楽しむことができるのがプリザーブドフラワーです。

今ではその技術が発展し、花屋や雑貨屋で簡単に手に入れられますが、登場し始めた当時はその特殊な技術から一部の人間しか楽しめない、貴族のためのものでした。

そんなプリザーブドフラワーは、水分を失っているため腐ることはありませんし、こまめに水やりや手入れをする必要がありません。

もちろん一生その美しさが保てるわけではありませんが、生花に比べると圧倒的に長期間花を楽しめるのです。

そのため古希のお祝いでは、紫色を基調としたプリザーブドフラワーを贈ると、その華やかさから喜んでくれる人もたくさんいます。

手入れが面倒くさいと思っている人でも、これならば大丈夫ということで、インテリアにもなりプレゼントにはうってつけです。

花として楽しむだけではなく、家族の写真を入れたフォトフレームにプリザーブドフラワーのアレンジを施すというようなやり方もあります。

特別な贈り物になるように工夫してみましょう。

 

名入れのお酒とグラスで世界に1つだけの特別感を演出

 

ワイン

 

70歳にもなると、お酒が唯一の楽しみだというような人もたくさんいるでしょう。

また現役を引退してゆっくりと老後を過ごす上で大事なパートナーとなってくれる可能性があります。

そこでお祝いとして好きなお酒をチョイスし、そこに名前を入れるという演出をすることで、世界に1つだけしかないプレゼントとなります。

お酒を飲むために一緒にグラスも用意してあげると、より喜ばれるでしょう。

中には医者から止められていてお酒が飲めないという人もいるので、そんな人の場合には高級ジュースや、健康ドリンクなどもおすすめです。

お店によってはお酒以外の飲料にも名入れをしてくれるので、一度問い合わせてみると良いでしょう。

 

親族の顔が見られるようにまとめたアルバム

 

アルバムをみるシニア夫婦

 

還暦を迎える60歳の場合には、まだまだ現役で仕事をしているという人もたくさんいます。

しかし多くの企業が65歳で雇止めにしている傾向にあるので、古希の頃には自宅で老後を過ごすという人が増えてきます。

今まで毎日仕事をしてきた人からすれば、急に家でゆっくりしてもいいと言われても、何をしたらいいのか分からなくなって戸惑ってしまうものです。

そんな退屈な日々から急に寂しさが出てきてしまう可能性があるので、そんなときに寂しく感じなくても良いようにアルバムをプレゼントしてあげましょう。

古希を迎えた人にとっての子どもだけではなく、孫の写真やいとこの写真など、つながりがある人のいろんな写真をまとめてあげると喜ばれます。

本当は一堂に会して食事ができたら良いのですが、仕事の都合などからそれがなかなかできないという家庭もたくさんあります。

だからこそいつでも身近に感じられるようにアルバムにするのが良いのです。

最近ではアルバムにQRコードを埋め込み、それをスマホで読み込むことによって、写真が動画となって見える加工も出てきています。

70歳のご高齢ではその操作が難しいという場合がありますが、覚えてしまえばタブレットなどの大きな画面で動画を楽しむことができます。

 

まとめ

 

高齢者夫婦の人形

 

このように古希のお祝いには様々なものがあります。

仕事を退職する人が増えるからこそ、自宅で過ごす時間をどう有意義に過ごせるか。

またどうすれば楽しい老後を過ごしてもらえるのかということを考えて選んであげると、お祝いとしても喜んでもらえるでしょう。

古希を意識するのであれば、できるだけ紫色を意識するとそれらしくなるのですが、決して紫色のものにしなければならないというわけではありません。

気持ちがこもったプレゼントであれば良いので、あまり難しく考えずに選んであげるようにしましょう。